口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

温経湯

呉茱萸、当帰、芍薬、川芎、人参、桂枝、阿膠、牡丹皮、半夏、麦門冬、生姜、甘草からなる方剤です。unkeitou当帰、芍薬、川芎、阿膠に補血作用があり、阿膠、麦門冬には滋陰作用が、川芎、牡丹皮には駈瘀血作用があります。また、呉茱萸と生姜は腹部を温める働きがあります。したがって、冷え性かつ乾燥肌で、煩熱を伴う婦人科の病気に対して有効です。月経不順、月経困難症、不正性器出血、下腹部痛などが該当しますが、不妊症にもよく用いられます。

ページの一番上へ