口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

桂枝茯苓丸

血瘀に対する代表方剤で、構成生薬は牡丹皮、桃仁、芍薬、桂枝、茯苓です。牡丹皮、桃仁に駈瘀血作用があり、桂枝がのぼせによる精神神経症状を緩和します。芍薬は止痛た止痙、茯苓が利水作用を持ち健脾の働きを保ちます。

血瘀によるイライラやのぼせ、痛みを伴う症状に効果があるため、生理不順、更年期障害、子宮内膜症、肩こり、めまい、冷え症、にきび、打撲症、関節痛、腹膜炎などに用いられます。

ページの一番上へ