口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

大防風湯 

大防風湯は附子剤の一種で当帰、川芎、芍薬、地黄、人参、白朮、甘草、乾姜、大棗、黄耆、牛膝、防風、羗活、杜仲、附子など多くの生薬で構成されています。生薬で分類すると四物湯(当帰 芍薬 地黄 川芎)と四君子湯(人参、白朮、甘草、乾姜、芍薬、大棗)の成分が含まれていることになります。即ち、気虚の代表方剤である四物湯と血虚の代表方剤である四物湯を合わせたものが十全大補湯で、気血両虚に用いられます。従って、大防風等は気血両虚、かつ寒証の場合の方剤なのです。 

西洋医学の病名では慢性関節リウマチ、慢性関節炎、神経痛に該当し、冷えがない場合には大防風湯から附子を取り除いた方剤である疎血活血湯を用います。

ページの一番上へ