口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

駆風解毒湯

石膏、荊芥、防風、連翹、羌活、牛蒡子、甘草、桔梗の8味で構成されます。強いのどの痛みがある場合に用いられます。石膏で食欲不振、胃部不快感、軟便などの消化器症状を起こした場合は、銀翹解毒散に切り替えます。

荊芥、防風、連翹、羌活、牛蒡子は化膿症の発散に奏功し、石膏で冷やし、連翹、牛蒡子で炎症を抑えます。防風と羌活には鎮痛作用があります。

ページの一番上へ