口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

当帰飲子

当帰、地黄、芍薬、川芎、蒺藜子、防風、何首烏、荊芥、黄耆、甘草から構成された当帰飲子は皮膚疾患に用いる代表的な方剤です。補血剤の代表である四物湯に発表作用がある荊芥と防風が加わることにより、当帰飲子は皮膚疾患に効力を発揮します。何首烏と蒺藜子のステロイド作用によって皮膚の痒みを止め、黄耆が皮膚表面の水毒を取り除きます。

乾燥肌でかゆみがある皮膚疾患に用いられ、分泌物が多い場合は適応外となります。冬に悪化する湿疹には当帰飲子が効果的です。

ページの一番上へ