口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

清心連子飲

清心連子飲は滋陰剤の一種です。麦門冬、蓮肉、黄芩、地骨皮、車前子などが心熱や肺熱を冷ます働きを持つため、舌尖が赤く、微白苔があり、口腔乾燥が見られる場合に用います。

清心連子飲を用いる病気には慢性膀胱炎、慢性尿道炎、夜間貧尿、前立腺肥大、尿路結石、ネフローゼ、糖尿病などがあります。

ページの一番上へ