口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

四逆湯 

肝鬱気滞により気血水の正常な運行が阻害されると、さまざまな異常が生じます。陽気が血にしたがって四肢に運ばれなくなると手足が冷え、陽気が上に上がり過ぎるとのぼせが生じます。このような場合に用いるのが四逆散で、柴胡、枳実、芍薬、甘草から構成されています。大柴胡湯は実証に用いますが、四逆散は虚証に対する方剤です。眉間のしわ、胸脇苦満、心下痞が揃っていれば四逆散を用います。

ページの一番上へ