口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

黄連解毒湯

黄今、黄連、黄柏、山梔子から構成される黄連解毒湯は、心熱を取る働きがある芩連剤の代表方剤です。四つの生薬にはいずれも清熱作用があり、黄今は上焦の熱を、黄連は中小の熱を、黄柏は下焦の熱を、山梔子は全身の熱を取り除きます。

黄連解毒湯を構成する生薬は脾胃を助ける働きが弱く、清熱作用のみを強くしてあるため、食欲が旺盛で体力がある場合に用います。一方、脾胃の働きが落ちている場合は半夏瀉心湯を用います。

黄連解毒湯は食欲の低下がなく、便秘もない熱症に用いる大変苦い薬です。のぼせて赤ら顔でイライラしている人によく効き、高血圧症、不眠、めまい、動悸、出血、口内炎、急性胃炎、二日酔い、皮膚瘙痒症、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎に用います。

ページの一番上へ