口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

半夏瀉心湯

黄今、黄連、乾姜、人参、半夏、大棗、甘草から構成された半夏瀉心湯は心熱を取るとともに健脾作用も併せ持ちます。「心に熱がこもり脾胃は冷えた状態」が同時に生じ、心と脾胃が接する心窩部がつかえたように感じる症状を心窩痞硬といい、半夏瀉心湯の使用目標となります。
黄今と黄連は心熱を取り、乾姜は脾胃を温め、人参、半夏、大棗、甘草は脾胃の働きを補って消化活動を促進します。また、半夏瀉心湯は放射線治療や抗がん剤による口腔粘膜炎の発症を予防する働きもあります。

ページの一番上へ