口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

黄連

黄連(おうれん)

キンポウゲ科の黄連の根茎を乾燥させて生薬としたものです。黄連は熱を取る働きがあり、脾胃の熱による悪心、嘔吐、口臭、口の苦み、上腹部膨満感、胃炎、膵炎、胆嚢炎を治します。黄連また、解毒作用や湿を取る働きもあります。

黄連は黄連湯、黄連解毒湯、荊芥連翹湯、柴胡清肝湯、三黄瀉心湯、清上防風湯、竹筎温胆湯、女神散、半夏瀉心湯、温清飲に用いられます。

 

黄連

ページの一番上へ