口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

麻黄

麻黄(まおう)

草麻黄、木賊麻黄、中麻黄の緑色の若葉を乾燥させて生薬にしたものです。写真は大阪薬科大学薬用植物園で栽培されていたシナマオウです。麻黄

麻黄にはエフェドリンが含まれていて気管支拡張作用、血圧上昇作用、心臓に対する興奮作用、中枢神経系に対する興奮作用、中枢性発汗作用、骨角筋に対する廣疲労作用があります。中医学的には風寒に対し発汗散寒させ、咳や喘息を抑える働きもあります。発汗作用や利尿作用により水腫を治す働きもあります。さらに、風湿による関節痛にも用いられます。

麻黄は麻黄湯、麻黄附子細辛湯、麻杏甘石湯、麻杏薏甘湯、越婢加朮湯、葛根湯、五虎湯、五積散、小青竜湯、神秘湯、防風通聖散、薏苡仁湯、大青竜湯に用いられています。麻黄

ページの一番上へ