口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

平胃散

蒼朮、厚朴、陳皮、大棗、生姜、甘草から構成され、脾虚に対して用いられる方剤です。漢方で用いる代表的な胃薬です。脾には運化作用(消化作用)がありますが、働きが低下して湿が溜まる湿困脾胃の状態に陥った際に平易散が用いられます。湿が強い場合は平胃酸と五苓散の合剤である胃苓湯が用いられます。

ページの一番上へ