口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

知柏地黄丸

知母、黄柏、地黄、山茱萸、山薬、牡丹皮、茯苓、沢瀉から構成された方剤です。知母と黄柏にはいずれも清熱作用があり、陰虚に陽亢が加わった腎陰虚火旺には知柏地黄丸が用いられます。ちなみに黄柏は下焦の熱を取る働きがあり、下焦である腎の熱を取るのに適しています。

ページの一番上へ