口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

非両立行動分化強化

口の中の問題点を改善する簡単な方法がコロコロガム法です。ガムを噛んでしばらくすると丸くなりますが、それをそのまま舌の上で転がしておくという方法です、

この方法は唾液を出やすくするだけでなく、噛みしめや口呼吸も防止できます。また、口腔内の陰圧による口臭発生の他、空気の嚥下も防止できます。

ある行動をとることにより、他の行動ができなくなることがあります。対立する行動の望ましい方を行うことにより、望ましくない方ができない状態にすることを「非両立行動分化強化」といいます。その具体例がガムを転がすことによる噛みしめ癖や口呼吸癖、口腔内陰圧癖、空気嚥下癖の防止です。

ページの一番上へ