口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

フラッディング

フラッディング法(flooding)とは、患者さん故意にを強い不安や恐怖をおぼえる状況に陥らせる方法で、強迫性障害に用いる暴露反応妨害法と似ています。相違点は暴露反応妨害法が弱い刺激から徐々に刺激を強くしていくのに対し、フラッディング法ではいきなり最強の刺激を加えてしまうことです。

初回の口臭検査では、患者さんの口のすぐそばまで私が鼻を近づけて臭いを調べます。これがフラッディング法となります。

ページの一番上へ