口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

行動変容

扱いが難しい感情に持続する変化をもたらすことにより、悪循環を打破するために行動変容が強い武器となります。行動変容によって現在の悪い行動を良い行動に変えたり、よい行動を始めたりすることが可能です。

行動を変える必要性があまりない患者さんには、行動を変えることによりもたらされる結果に対しての期待感を高めていき、行動を変える自信がない患者さんに対しては自己肯定感を高めるようにします。

たとえば、慢性疼痛を抱えていると痛みに対して何らかの「疼痛行動」をとることが多いのですが、これが結果的に痛みの解決を長引かせています。家事を行う間は痛みを感じないという場合は、痛みが出そうな時間帯に家事をするよう一日のスケジュールを変えてみる「反応妨害・拮抗」という方法をとります。テレビを見ていると徐々に痛みが生じてくるという場合には、テレビを見ること自体を中止する、テレビを見る時間を減らすなどの「刺激統制」という方法をとります。このように疼痛行動自体を控えて痛みを我慢することができた場合には、周囲の人間がそれを褒め讃える「オペラント強化」という方法もあります。

ページの一番上へ