口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

口臭症患者の自動思考

口臭を気にしている人は、口の中がネバネバしてくると(出来事)、「口臭が生じているに違いない」という自動思考を起こしてしまいます。「話し相手に自分の口臭がばれたらどうしよう」「話しかけられても口を開けて応答できない」と不安や怖れ、羞恥心などの情動を募らせることになります。

しかし、口の中がネバネバすれば必ず口臭が生じるものでしょうか。そして、その口臭は話し相手が感じ取るほど強烈なのでしょうか。どの程度のネバネバ感で口臭は生じやすくなるのでしょうか。

実際、口の中がネバネバした状態になると口臭が生じる場合はありますが、他人にわかるほどではない場合もあります。にもかかわらず、口臭で悩む人の多くが自分の口臭について確信を持ち、他者とのコミュニケーションに支障をきたすほどマイナス思考に走ってしまうのです。

ページの一番上へ