口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

胃熱

胃熱の原因には感染症や熱誠疾患による胃腸症状の他、過食やストレスによって起こる自律神経亢進症があります。症状は上腹部の灼熱痛、口臭、口渇、便秘です。

胃熱を取る漢方薬として白虎加人参湯、黄連解毒湯、半夏瀉心湯、生姜瀉心湯が用いられますが、白虎とは石膏を指し、熱を取ってくれます。また、食物ではスイカや大根おろし、知母(イモ類)が胃を冷ます効果を持っています。

ページの一番上へ