口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

脾 胃

脾と胃

脾と胃は臓腑の中で表裏の関係にあるため、一般的にはまとめて捉えられています。脾は五臓の一つで、臓は中身が詰まった実質臓器のことです。一方、胃は六腑の一つであり、腑は内部が中空の管腔臓器を指します。

表裏でいうと胃が表で脾が裏となり、表とは体表を意味します。胃腸などの消化管や尿道などは体表の部分が反転して体内に入り込んだものであると考えられているため、六腑である胃、小腸、膀胱などは皮膚と同様に表とされます。一方、裏とは体表には表れない深部臓器をいいます。

「脾は昇清し、胃は降濁する」といわれますが、昇清とは飲食物から得た気を上にあげる働きで、降濁とは消化した飲食物を小腸に送る働きのことです。

ページの一番上へ