口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

脾気虚

脾気虚とは脾の機能が低下した状態をいいます。脾は摂取した飲食物から気と濁を生成しますが、脾気虚になると気力が低下して湿がたまります。その結果、食欲不振や食後の膨満感、泥状便、四肢の無力感や浮腫、肌の張りの低下や筋力の衰えが生じます。とりわけ典型的な症状は夏バテや宿酔いです。

脾気虚に対しては脾を健やかにして気を補う健脾補気を行い、方剤としては六君子湯や啓脾湯を用います。

ページの一番上へ