口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

胃寒

胃寒には実証と虚証があり、前者は寒邪が消化管から侵入したもので、後者は陽気不足により胃が冷えている状態をいいます。西洋医学的には胃痙攣や急性胃炎の状態に相当し、上腹部に冷痛があり、触れられることを嫌います。

胃を温める漢方薬は大建中湯、人参湯、附子人参湯で、食事の際に山椒、乾姜を一緒に取ると有効です。また、お灸も効果があります。

ページの一番上へ