口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

胃と漢方理論

五行理論で胃は「土」に属し、土の色は黄色で方位は中央です。胃も同様に身体の中央に位置し、レモン、パイナップル、トウモロコシ、バナナといった黄色い食物が胃の働きを助けます。

陰陽の中心は胃の部分にあり、胃の上下で分かれます。また、更年期障害の冷えのぼせは胃の問題で、水が下に下がって下半身が冷え、熱が上昇して上半身がほてるのです。

六腑の中で胃は最も陽気が強くて盛んであり、潤を好みます。胃熱が生じると津液が損傷されて胃が乾燥し、胃気が加工できなくなります。そのため、胃は常に津液の滋潤を必要とします。一方、脾は湿を嫌います。

ページの一番上へ