口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

寒湿困脾

乾湿の邪が脾に侵入すると脾気の運化ができなくなります。そのため、頭重感や倦怠感、口腔内のネバツキ、食欲不振、尿量減少、ベトベトした便などの症状が現れます。

寒湿困脾に対する治方は健脾燥湿で、胃苓湯や実脾飲が代表処方です。 他に五苓散、 藿香正気散 、茯苓飲が用いられます。

ページの一番上へ