口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

小腸の清濁泌別失調

口から摂取した水穀の精は、小腸で清(水液)と濁(糟糠)とに分別(泌別)されます。飲食の不摂生から脾胃虚弱になるとこの泌別作用が損なわれ、その結果下腹部の鈍痛、腹鳴、下痢、排尿困難、口角炎、が生じます。治方は補気健脾・理気化湿で、啓脾湯を用います。

ページの一番上へ