口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

心陰虚

思慮過度、心身過労で営血が消耗して乾燥し、熱を持っている状態で、五身煩熱、盗汗、口渇、少飲の症状が見られます。また舌は萎縮して乾燥し、脈は細数です。

代表的な方剤は補心丹、朱砂安神丸で、生薬は麦門冬、地黄、玉竹、五味子、玄参、百合を用います。

ページの一番上へ