口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

温病学における舌診

衛気営血弁証では病気がどこまで進んでいるかについて、舌を診ることにより容易に把握することができます。

衛分証

表寒熱でのどの痛みが生じ、薄白苔で舌尖部が紅舌となります。銀翹散が代表方剤です。

気分証

裏実熱傷により大熱、大渇、大汗、脈大が生じ、舌全体が紅舌となります。百虎湯が代表方剤です。

衛分証

血熱で心煩(イライラする)、不眠、譫語(うわごと)、口渇、夜間発熱が生じ、絳舌となります。清営湯が代表方剤です。

血分証

衛分証に加え出血傾向、意識障害、狂躁、痙攣が生じ、無苔で絳舌か紫舌となります。犀角地黄湯が代表方剤です。

ページの一番上へ