口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

竜骨牡蠣剤

竜骨は恐竜の化石を粉末状にしたものとされていますが、実際には大型の哺乳類などの化石も用いられ、精神安定作用が強く臍下部の動悸に対して有効です。牡蠣はカキの貝殻を粉末状にしたもので、脇腹の動悸に対して有効です。

竜骨牡蠣剤には柴胡加竜骨牡蠣湯、柴胡桂枝乾姜湯、桂枝加竜骨牡蠣湯があります。実証で精神症状が強ければ柴胡加竜骨牡蠣湯、弱ければ柴胡桂枝乾姜湯を処方し、虚証の場合は桂枝加竜骨牡蠣湯となります。腹症では胸脇苦満と臍上悸があれば柴胡加竜骨牡蠣湯、胸脇苦満と臍上悸が弱ければ柴胡桂枝乾姜湯、胸脇苦満がなく臍上悸だけの場合は桂枝加竜骨牡蠣湯となります。

ページの一番上へ