口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

石膏剤

石膏剤の君薬(最も重要な構成生薬)は石膏です。石膏は熱を取る作用が強く、実熱による興奮や発熱、炎症を抑えてくれます。

石膏剤の臣薬(君薬に次いで重要な構成生薬)は主に知母と麻黄です。知母も寒性の生薬で、石膏の働きを助けます。

麻黄を石膏に組み合わせると趣が変わります。麻黄は発汗作用が強く体を温めます。体を冷やす石膏と組み合わせると寒熱に対する作用がなくなり、浮腫を取る、即ち水滞を取る薬になります。

石膏と麻黄の組み合わせは越婢加朮湯や麻杏甘石湯、五虎湯、防風通聖散です。これらは全て「肺」の証に用います。つまり、風邪や気管支炎などの呼吸器疾患です。

水滞に対しては半夏剤も有効です。こちらは上部消化管の質を取り除く作用であり、「脾胃」の証に用います。

ページの一番上へ