口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

肺と大腸

肺陰虚

陰虚とは血虚(栄養不足)のため乾燥し、熱を持った状態をいい、から咳やのどの乾き、粘っこい痰、血瘀、午後の微熱や寝汗などの症状が生じます。該当する代表的な病気は結核で、他に気管支喘息、百日咳、ドライマウスなどがあります。

肺陰虚に対してはドライマウスやシェーグレン症候群、口内炎、口腔カンジダ症、味覚障害、咽喉頭異常感症などの口腔内科疾患でよく使用される麦門冬湯を用います。

ページの一番上へ