口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

肺の特徴

中医学における肺とは肺、気管、喉、鼻、皮膚、毛、大腸によって構成されます。

肺の志は「憂」である

非憂は肺気を消耗します。

肺の液は「涕」である

涕とは鼻水のことです。肺燥で鼻水が乾き、肺熱で鼻水が黄色くなります。肺が風を受けると鼻水が出はじめ、肺気不足になると鼻水が止まらなくなります。

肺は皮毛主り、その栄は毛なり

肺気不足により汗をかきやすくなったり、皮毛から外邪を受けやすくなったりします。

肺の窮は鼻である

肺に異常があると嗅覚の低下や鼻閉、鼻の乾燥が生じます。

ページの一番上へ