口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

肺気虚

肺気虚とは肺の機能が低下している状態で、息切れして無口になり、汗が自然に流れでて、咳も出やすくなります。病み上がりの様相に近く、顔色が悪くて疲れやすい、暑くなれば夏バテし寒くなれば風邪を引き込みがちになります。

そのような肺気虚の患者さんには元気をつける漢方薬が効果的で、補中益気湯(補気剤)や人参養栄湯(気血双補剤)、十全大補湯(気血双補剤)、参蘇飲(解表剤)などが適しています。

ページの一番上へ