口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

がん化するかもしれない口腔病変

口腔粘膜の病的変化には潰瘍や腫瘤形成、色調の変化などがありますoralcancer16。しかし中にはがん化するものもあり、2007年のWHOの報告では8種の病変が挙げられています。

白板症

口腔粘膜が白くなる病気です。通常、口腔粘膜の表面は平坦で滑らかな形状ですが、中には顆粒状の盛り上がりや平板状の隆起、潰瘍が見られるケースもあります。

紅板症

口腔粘膜が赤くなる病気です。周囲の粘膜とはっきり区別できる鮮やかな赤色で、白板が入り混じる場合もあります。表面はツルッとしていますが、中には隆起や潰瘍が見られる病変もあります。また、手や刺激物が触れると痛むケースがほとんどです。

タバコを逆向きに吸う喫煙者の口蓋病変

タバコの火が付いている部分を吸う習慣のある人に見られ、口蓋粘膜が灰白色に変化したものです。

粘膜下線維腫

口腔粘膜に白くがさがさした筋状の膨らみが生じ、徐々に弾力性が失われて硬くなる病気です。アレカナッツや赤唐辛子、噛みタバコなどの嗜好があると生じやすくなります。

日光角化症

日焼けにより口唇粘膜が赤くなり、表面がざらざらしたり盛り上がったりする病気です。

扁平苔癬

主に頬粘膜に現れるレース状や網目状の白色病変です。周囲の粘膜が発赤し、しみて痛むことが多い病気です。

円板状エリテマトーデス

丸く赤い円板状の病変の周囲に放射状の白線が現れたものです。粘膜局所の抗原刺激や物理的刺激により、リンパ球が免疫反応を起こして生じる病変です。

遺伝性疾患(先天性角化不全症、表皮水疱症)

先天性角化不全症は口腔粘膜の白板症の他、爪の萎縮や皮膚の網状色素沈着を伴う遺伝性の病気です。中でも表皮水疱症は、口腔粘膜に水疱やびらんが発症する遺伝性の病気です。

  • WHO口腔癌及び前がん病変共同研究センター 出典
  • Nomenclature and classification of potentially malignant disorders of S. Warnakulasuriya, Newell. W. Johnson, I. Van Der Waal
  • Journal of Oral Pathology & Medicine, 36, p575?580, November 2007

ページの一番上へ