口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

SLE(全身性紅斑性狼瘡)

自己免疫疾患の一つで皮膚、粘膜、関節、腎臓、心臓、消化器などが自分のリンパ球によって障害され、顔面の蝶形紅斑、光線過敏症、無痛性口腔潰瘍、関節炎、胸膜炎や心包炎、ループス腎炎、精神症状、溶血性貧血や他の血球減少などの症状が現れる病気です。

熱毒熾盛症
升麻鼈甲湯で清熱解毒・涼血護陰します。

肝鬱血瘀症
四逆散合血府逐瘀湯で疏肝解鬱・活血袪瘀します。

気陰両虚証
腎帰丸合生脈散で益気養陰します。

陰虚内熱証
腎帰丸合二志丸で清熱解毒・養陰透邪します。

脾腎陽虚症
真武湯合五苓散で温陽利水します。

ページの一番上へ