口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

口腔粘膜炎

口腔粘膜炎1 口腔粘膜炎2放射線治療や化学療法による副作用として、難治性の口腔粘膜炎が生じます。治療は困難ですが、半夏瀉心湯が効果的であると判明し、ガン治療の現場でよく用いられています。

口腔粘膜炎は抗ガン剤や放射線によるフリーラジカル(活性酸素)の発生がきっかけとなって生じます。粘膜や血管に障害が起こって炎症性サイトカインが遊離し、引き続いて潰瘍が形成され、細菌感染が続いて痛みが生じます。小柴胡湯

半夏瀉心湯は半夏、黄芩、大棗、人参、甘草、乾姜、黄連で構成された半夏剤です。半夏瀉心湯に含まれる各生薬が口腔粘膜炎の各期で有効に働き、最終的に粘膜の再生や回復を助けます。

  • フリーラジカルの消去作用
  • ヒドロキシラジカル消去作用    大棗、乾姜、半夏
  • ニトロキシルラジカル消去作用   黄連、黄芩
  • スーパーオキシド消去作用     黄連、黄芩、甘草、乾姜
  • 抗菌作用
  • 抗菌作用             黄連、乾姜、半夏
  • 抗菌ペプチド産生増加       黄芩、人参
  • 抗炎症作用            黄連、乾姜、黄芩
  • 鎮痛作用             乾姜、甘草

ページの一番上へ