口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

大腸湿熱

飲食の不摂生や深酒、暑湿熱毒が原因となり、下痢便や血便、裏急後重、肛門の灼熱感、腹痛が大腸湿熱で生じます。裏急後重とは便意を繰り返すのになかなか出ない渋り腹のことをいい、三物黄芩湯と葛根湯で熱を取ります。下痢に対しては茵蔯五苓散、葛根湯、黄連解毒湯を用います。

ページの一番上へ