口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

大腸不固

下痢が長期間続くことにより、中気下陥して大腸不固となります。泄瀉、痢疾、腸風、臓毒などから生じ便失禁、排便後脱肛、精神疲労、顔の色つやがなくなるといった症状を示します。治方は温中散寒・渋腸固脱で、補中益気湯と附子裏中湯を用います。

ページの一番上へ