口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

ドライマウスの治療

たとえば糖尿病や貧血など、ドライマウスの原因が明らかでその治療が可能な場合には、いうまでもなく原因となっている病気の治療を優先的に受けることが必要です。しかしながらシェーグレン症候群や放射線の照射、あるいは加齢などドライマウスの根治的な治療が困難であるケースでは、日常生活に注意しながら対症療法を取り入れることで症状を緩和し、ご自身のQOL(生活の質)の向上に努めることが大切です。

唾液の分泌促進

ドライマウスの症状の緩和には、様々な方法があります。内服薬ではサリグレン、エポザック、サラジェンといった内服薬があります。今のところシェーグレン症候群や放射線治療後のドライマウス以外には保険が適用されないため注意が必要です。

漢方薬

 白虎加人参湯や麦門冬湯、温経湯、八味地黄丸などの漢方薬を組み合わせて処方します。
ガムやキャンデイーをかむ噛むことにより唾液腺を刺激して唾液の分泌を促します。ガムコロコロ法も有効です。

唾液腺マッサージ

耳の下には耳下腺がありこの部分をマッサージすることにより唾液の分泌を促進します。また口腔内には各所に小唾液腺があり、これらを順番にマッサージすることも効果的です。

筋機能療法

老化や脳卒中の後遺症などで舌や口唇、その他の顔面表情筋の筋力が衰えると唾液分泌量が低下します。これらの筋肉を鍛えることで唾液が出やすくなります。

抗真菌薬

フロリードゲルドライマウスに起因する口内炎や舌炎、口角炎、口腔カンジダ症には抗真菌剤の軟膏、うがい薬、内服薬を用います。

人工唾液や保湿剤

EBBCSDP粘膜の保湿にはジェル、洗口液、スプレーなどを使用します。

保湿装置

モイスチャープレート夜間の口腔乾燥に対してはモイスチャープレート、モイスチャートレーが有効です。就寝前に装置内のリザーバーに人口唾液を塗布し、装着して寝ます。夜間に人口唾液が徐々に染み出してきて口腔内の潤いを保ちます。

心身医学的アプローチ

唾液の分泌には異常がみられないにもかかわらず口腔乾燥感が生じることがあります。精神的な要因が強く関与していて、向精神薬や認知行動療法などが有効な場合があります。

 

ページの一番上へ