口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

耳下腺マッサージの注意点

唾液腺マッサージ口の内外に多数ある唾液腺の中で最も大きなものが下顎の後方に左右一対ある耳下腺で、ここをマッサージすると、頬粘膜の耳下腺乳頭から唾液が出てくることを実感できます。ただし、ドライマウスの改善を目的とした耳下腺マッサージは非常に有効であるものの、いくつかのケースにおいては問題が起こる可能性があるため、注意が必要です。それは、耳下腺の周囲にあるリンパ節や神経、血管を刺激することにより、悪い影響を及ぼす場合があるからです。問題が生じる例は下記の通りです。

口やのどのガンの治療後

口やのどのガンは手術で切除しますが、その際抗がん剤による化学療法や放射線療法を併用すると、その副作用により唾液が出にくくなりドライマウスが生じます。

唾液腺マッサージはガン治療後のドライマウスに対しても有効ですが、耳下腺をマッサージすることは望ましくありません。ガンの治療後には、再発や転移について継続的に監視していく必要がありますが、口やのどへの再発、あるいは首のリンパ節への転移が認められた場合、マッサージを加えることによって再発巣や転移巣を拡大させる恐れがあるからです。また、首リンパ節の転移病巣をマッサージすると、肺などへの遠隔臓器に転移させてしまう可能性も考えられます。

不整脈

耳下腺のすぐ後方には、人体の中でも重要な神経や血管が走行しています。特に頚動脈は血液を脳に届ける役割を果たすため、その付近にある頚動脈洞で血圧を調整します。ところが、耳下腺マッサージで頚動脈洞を圧迫すると圧力が増すため、体が血圧の上昇と勘違いし、頚動脈の側を走る迷走神経が働いて脈が遅くなり、血圧を低下させてしまうのです。この反応を頚動脈洞反射といい、中には失神してしまうケースもあります。

また脈が遅くなる、1回分がとぶなどの不整脈を持つ方に耳下腺マッサージを行うと、頚動脈洞反射が生じて症状が悪化する危険があります。

血栓症、動脈硬化症

血中コレステロール値が高いなどのメタボリック症候群(脂質異常症)は、血管がもろくて詰まりやすく、血のかたまりすなわち血栓ができやすい状態をいいます。頚動脈に血栓がある場合、耳下腺マッサージで頚動脈を刺激すると血栓が流れ出し、行き着いた脳の血管が詰まって脳へ血液が届かなくなり、その結果脳梗塞を起こしてしまいます。

また口やのどのガンの治療後、不整脈や血栓症がある場合には耳下腺のマッサージは避けるべきです。同様に顎下腺も頚動脈などを刺激するため、マッサージを避けた方がよいでしょう。口腔内には各所に多数の唾液腺があるため、マッサージを行うと唾液がよく出ます。従って上記の問題がある場合は、口腔内のみ唾液腺マッサージを行うとよいでしょう。

ページの一番上へ