口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

交流分析

交流分析とは

交流分析とは、1950年代後半に精神科医のエリック・バーンによって確立された心理療法のひとつです。その中心理論は人格を親(P)、大人(A)、子ども(C)に分けて分析する点です。即ち親と子どもはそれぞれ二つに分けた上、批判的な親(CP)、養護的な親(NP)、大人(A)、自由奔放な子ども(FC)、順応した子ども(AC)の五つの自我状態に分類します。

交流分析では一人の自我状態を分析するだけでなく、親と子や夫と妻、上司と部下といった人間関係を、上記の五つの自我状態の交流関係から捉えていきます。また、子どもの心理的発達についても理論が確立されています。

ます。自他否定から始まる場合は自己肯定・他者否定へと進み、自己否定・他者肯定を経て最終的なゴールである自他肯定に到達します。また、問題が深刻化する場合はこれと正反対の経路を辿ります。

ページの一番上へ