口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

 エゴグラム

交流分析の創始者であるエリック・バーンは「親、成人、子どもの3つの自我状態の理論」を発展させ、機能的に分類した自我状態を提唱しました。即ち支配的親(CP)、養育的親(NP)、成人(A)、自由な子ども(FC)、順応した子ども(AC)の5つです。さらに、彼の弟子であるジョン・デュセイはこれらの要素の強さをグラフにプロットする方法を提唱しました。これをエゴグラムといい、それぞれのパターンを分析することによりその人の性格を把握することが可能となりました。

ページの一番上へ