口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

 透過性調整力

交流分析の理論によると、人は場面や相手に応じて批判的な親(CP)、養護的な親(NP)、大人(A)、自由奔放な子ども(FC)、順応した子ども(AC)の五つの自我状態のいずれかが表面に現れ、対処します。さらに状況に応じてある自我状態から別の自我状態にスムースに変化する能力を「透過性調整力」と呼び、この能力が低いほどストレスが軽いことが過去の研究で明らかにされています。また、この透過性調整力の高さには、養護的な親(NP)と自由奔放な子ども(FC)が関連しています。

ページの一番上へ