WEB予約

MI治療

隣接面(歯と歯の間)で虫歯ができている

当クリニックでは、「できるだけ歯を削らない・神経を取らない・歯を抜かない」という治療思想に基づき、MI治療を行っています。

「MI」とは“Minimal Intervention”の略で、最小の侵襲により最大の効果を得ようとの目的で考えられた、人にやさしい虫歯治療法です。従来の虫歯治療では、詰め物が外れないようにするため虫歯以外の部分まで大幅に削っていました。その結果、その部分が再び虫歯になるとさらに削り、やがては神経を取ることになり、遂には歯を抜かざるをえないという悲しい結末を招きがちでした。

しかしながら、歯のエナメル質は生体の中でも絶対に再生できない組織のひとつです。細胞自体がないため、一度削られると二度と再生できないのです。

そこで、今ある歯をできるだけ削らずに保存しよう、生まれ持った歯を残して歯の寿命を長くしようという思想から登場したのがMI治療です。MI治療では基本的に虫歯の部分だけを削り、空いた穴は「コンポジットレジン」という材料で埋めます。コンポジットレジンは歯と同系色のプラスチックで、歯に取付けて一体化できる優れた素材です。

MI治療は、今までより虫歯の削る量を大幅に減らし、しかも治療後は虫歯になりにくく歯が長持ちします。さらに、少ない治療回数で完成するため経済的メリットもあり、見た目も美しいものです。ただし、重症化した虫歯に、MI治療は適用できません。そのため、虫歯予防に努めて積極的に定期検診を受け、虫歯を「早期発見」できるように心がけることが大切です。

  • 隣接面(歯と歯の間)で虫歯ができている

    隣接面(歯と歯の間)で虫歯ができている

  • MI治療によって最小限に削りコンポジットレジンで埋める 咬合面

    MI治療によって最小限に削りコンポジットレジンで埋める 咬合面

  • MI治療によって最小限に削りコンポジットレジンで埋める 咬合面

    隣接面

休診連絡・お知らせなど

  • SillHa 2022年10月5日
    院長がSillHaで舌の口内炎 原因と対処法 舌がんとの見分け方も紹介について監修致しました。 https://sillha.com/column/220930144
  • SillHa 2022年10月4日
    院長がSillHaで子どもが繰り返し口内炎を発症するのは理由がある?原因と対処法を紹介について監修致しました。 https://sillha.com/column/220930143
  • 井上愛弓先生退職のお知らせ 2022年9月30日
    2022年4月より勤務していた井上先生が大学の人事異動のため退職しました。    
  • 情報サイト 2022年9月26日
    院長がSillHaで口の中をやけどしたら? 症状と応急処置・対処法を紹介について監修致しました。 https://sillha.com/column/220920142
  • 年末年始休診のお知らせ 2022年9月3日
    2022年12月29日(木)午後~2023年1月5日(木)までの間、休診いたします。1月6日(金)より診療を開始いたします。夜間、休日の歯科診療については下記にお問い合わせください。    >> 夜間・休日診…≫続きを読む

ひぐち歯科クリニックブログ

  • 唾液が口の中に溜まって気持ち悪い 2022年10月7日
    唾液嚥下障害の症例の主訴を並べてみました。「胃もたれ」「お腹が痛い」「腸が鳴る」「胃が痛くなる」「ガ…
  • 井上愛弓先生退職のお知らせ 2022年10月7日
    2022年4月より勤務していた井上先生が大学の人事異動のため 退職しました。…
  • 臨床談話会 2022年10月4日
    「日常診療で遭遇する不定愁訴と思われる症例への対応」とのタイトルで大阪大学歯学部同窓会主催の臨床談話…
  • 律動性咀嚼筋活動 2022年10月1日
    睡眠時ブラキシズムの筋活動(バースト)はPhasicエピソードとTonicエピソード、両者の混合であ…
  • ウェアラブル筋電計 2022年9月30日
    睡眠時ブラキシズムを筋電図に記録する検査法についての講演をWebで聴講しました。講師はささお歯科クリ…