口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

気血水弁証

人間の体を作り上げている基本は「気血水」です。気は体の働き、血は血液など物質的な栄養分を意味し、津液ともいわれる水は体を潤す役割を担っているため、気血水が不足しても窩状であっても問題が生じます。気の不足は気虚、過剰は気滞、気鬱、気逆といい、血の不足は血虚、過剰は血瘀、水(津液)の過剰は水滞です。水が不足すると直ちに虚熱が発生し、陰虚となります。

ページの一番上へ