口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

梅核気 

のどが詰まったような感じがしてどうしても気になるが調べてみるとのどに何の異常も見当たらないという病気があり、咽喉頭異常感症といいます。これは多分に精神的な要素が関係していてヒステリー球とも言われ、中医学では梅核気と呼びます。

梅核気に用いる代表的な方剤は半夏厚朴湯です。半夏、茯苓、生姜、厚朴、蘇葉の五つの生薬から成り、半夏剤と理気剤の要素を併せ持ちます。このため、胃に溜まって水分を切り、気の流れを正常化することで消化器の違和感を改善する働きがあります。 

ページの一番上へ