口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

湿熱

湿熱は湿邪と熱邪が結びついて生じます。湿熱はネバネバして停滞するため身体の活動を妨げ、症状を遷延させます。肉の過食でなりやすく、肩凝り、臓苔、炎症、湿疹、アトピー、花粉症などの症状を引き起こします。

湿熱に対して用いる代表的な漢方薬(方剤)は麻黄附子細辛湯、竜胆瀉肝湯、茵蔯蒿湯です。

ページの一番上へ