口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

口腔水分計 「ムーカス」

当クリニックはドライマウス認定医療機関です。

「口の中がネバネバする」「カラカラに乾く」「食事のとき水分がないと飲み込みにくい」「唾液が泡状になる」「食べ物の味がおかしい」「口臭がする」などの症状は、ドライマウスによるものです。口の中の乾燥状態は、粘膜を目で観察したり唾液の出る量を測定して判断しますが、これらの方法ではある程度までしか把握できないのが現状です。

そこで口腔水分計「ムーカス」を使用すると口腔粘膜の湿潤・乾燥状態を直接測定できる上、数値でも表示されるため大変便利です。しかも、たった2秒間舌の粘膜に触れるだけで測定が可能です。また、測定結果により粘膜の状態をレベルサイン1からレベルサイン5まで分類することができ、測定値29未満であるレベルサイン1〜3までは乾燥状態であると判定されます。

  ムーカス1   ムーカス2
 

舌を突出した状態で器具を2秒押し当て、乾燥状態を測定する

  • レベルサイン1  24.9以下

  • レベルサイン2  25.0~26..9

  • レベルサイン3  27.0~28..9

  • レベルサイン4  29.0~29..9

  • レベルサイン5  30以上

ページの一番上へ