口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

粘液のう胞

粘液のう胞

舌に発症する「粘液のう胞」は、舌の小唾液腺が何らかの理由で傷つき、唾液が周囲組織に漏れ出して風船状に膨らんだ病気をいいます。舌下面に生じやすく、放置しておくと何らかの外傷によって壊れ、内部の唾液が漏れてしぼんでしまうケースが多く見られます。唾液が溜まると再発しやすいことが特徴で、一度しぼんでから再度膨らむという点が、舌がんとの最大の相違となります。

  •  粘液のう胞 イラスト  
  • ブランダンヌーン嚢胞

    風船状の粘液のう胞

    舌下面に生じた粘液のう胞
    (ブランダンヌーン嚢胞)

     

    風船状に膨らんだのう胞を摘出

ページの一番上へ