口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

乳頭腫 症例

30代 男性

主訴

左下の舌に歯が当たって痛い。

現状歴

1年前に舌が白いことに気付いた。放置していたが、最近痛みが出てきたので舌がんが心配になって来院した。

口腔内所見

左側下縁部に白い隆起を認めた。周辺の粘膜のびらんを伴っていた。

治療過程

周辺の正常な粘膜も含めて切除した。組織標本を作製し顕微鏡で観察した。「乳頭腫」との診断を得た。

病理組織所見

Papilloma no malignancy-Tongue,resected(乳頭腫―舌切除切片)

「標本は舌の隆起性病変で、表皮の肥厚と乳頭状増殖像が認められる。乳頭腫と考えられます。上皮は一部でビランを伴い、上皮下には密な小円形細胞浸潤が認められます。いずれにしても悪性所見を認めない。」

  乳頭腫1   乳頭腫2
 

弱拡大像 (拡大倍率 40倍)

 

強拡大像 (拡大倍率 400倍)

ページの一番上へ