口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

舌がんと扁平苔癬

「扁平苔癬」とは、線状や網目状の病変で周囲が赤くなる、あるいはただれることが特徴で、痛みを伴うケースが一般的です。

一方舌がんの場合は、白色で平坦なタイプであっても線状や網目状ではなく不整形の斑状を示し、一般的に痛みを伴わないことから、両者を区別することができます。

ただし、扁平苔癬は舌がん状態のひとつなので、最終的には病変の一部を試験切除し、病理組織検査を行ったうえで最終的に判断することになります。

  •   扁平苔癬1   扁平苔癬2
     

    扁平苔癬1

     

    扁平苔癬2

      扁平苔癬3    
     

    扁平苔癬3

       

ページの一番上へ