口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

葉状乳頭

葉状乳頭

舌側面(舌縁)の後方にある、ヒダヒダの少し膨らんだ楕円形の部分を「葉状乳頭」といいます。舌がんとよく似た形態ですが、葉状乳頭は舌の正常な一組織であり、病気ではありません。

たとえば大臼歯で葉状乳頭を噛んで傷つけたり、歯ブラシが原因で葉状乳頭が腫れて痛むと、「舌にできものができた」、「舌がんではないか」と不安に思い、来院されるケースも珍しくありません。

いうまでもなく、正常な組織が傷つき腫れているだけのことなので、清潔と安静を心がけると自然に元に戻ります。その際、「ハチアズレ」といううがい薬、または「エクセレントブレス・マウスコンディショナー」を使用すると、早期の治癒が期待できます。

舌の概念図   葉状乳頭

舌の構成図

 

葉状乳頭

ページの一番上へ